学校の体育と運動会

学校の運動会は思い出に

学校の体育の集大成である運動会

小学校、中学校の体育の集大成が運動会です。運動の得意な児童、生徒には晴れ舞台ですが、苦手な児童、生徒には苦痛な時間になります。徒競走では自分の家族や親跡、クラスメイトの家族等、多くの人が見つめるなかで、勝てば自信になりますが、負ければそうとうなショックを受けます。それでも、その負けはその後の人生に、必ず花が咲き実になります。少年、少女期の挫折は、成人し実社会から、時として受ける理不尽な厳しさに対する免疫になります。たとえ、仕事で行き詰まっても、少年期に、運動会で受けたショックに比べれば、大したことはありません。

体育の授業についての説明

学校においては、授業の中に体育の授業というものがあります。最近の中学校においては、男女共習授業のやり方をしているところが多くあります。一昔前までは男と女は別の授業をけていましたが最近はこれも一環するとした授業が多く行われているところがあるのです。またこれらの事業におきましてはサッカーまたは水泳などといった体力づくりのための授業が多く行われています。最近の若い人たちはスポーツ不足と言われていますが体育の事業に置いてこういったことをやるようにし体力をつけていくのです。家庭内においても体力づくりは進める事は最も重要なことであります。

新着情報

↑PAGE TOP