学校の体育館での体育

学校の体育館での室内授業

学校の体育は体育館で

学校での体育の授業は、陸上、武道、水泳、球技、体操、そして、最近始まったダンスと様々です。もちろん教室で行う保健の授業もあります。授業では、それら競技の特質を踏まえて、屋外か室内かを決めて行います。学校の設備によっても、変わることがあります。最近の体育館は、冷暖房完備のものが増え、季節に関係なく快適な中で行えるところも増えています。鉄棒1つとっても、室内で組み立て、安全マットを敷いて行えるところは数多くあります。室内でなければいけない、屋外でなければいけないということはなくなってきているのかも知れません。競技と環境を考え、現在は実施されています。

体育教育の目的とは何でしょう

体育教育に於いて、少学校では、其々の年齢に応じた授業を、専門の教師や担任が行ないます。生徒達は、体操着を着用し、校庭等で運動を中心とした、実技の授業を受けます。必須科目としての目的は、協調性やルールを守り、身体作りに重点を置いています。高学年になると、保健の要素も加わり、健康的な生活や体の発育についても、学んでいきます。中学校では、球技や陸上、器械体操等の実技も増え、より一層の体力作りやコミニュケーション能力を養います。個々の運動能力を伸ばす為に、生徒自身が選んだ、部活動も始めるようになります。

↑PAGE TOP